ダイエットを断食で成功させるならリバウンドに注意

ダイエットのために断食をする方法は痩身効果が高いといいますが、いざ行う時には気をつけたいことがあります。
ダイエットを成し遂げるためには、リバウンドが発生するリスクをできるだけ抑えることが大事です。
特別なトレーニングをしているわけではない普通の人が断食によるダイエットをするなら、食事の減らし方は工夫が必要です。
断食についてあまり知識の無い人がいきなり食事を摂らなくなるのは体への負担の大きくなり過ぎるので、あまりおすすめできません。
体に負担をかけすぎないためには、絶食でのダイエットではなく、カロリー制限や、置き換えダイエットなどがおすすめです。
1日一食をダイエット用の食事にする置き換えダイエットの場合、効率を上げるために1日二食を置き換えることも可能です。
断食を行う場合気をつけたいこととして、リバウンド原因になるたんぱく質の欠乏があります。たんぱく質不足は筋力の衰えを招きます。
筋力が減ると代謝が減って肥満になりやすくなります。たんぱく質を少なく、脂肪過多な食事ぱかりをとっていると、肥満になりやすいといいます。
食事の置き換えによるダイエットに適している食材は野菜ですが、野菜ばかり食べていてもいけません。たんぱく質と水がなければ、人間の体は筋肉や臓器を作り出せません。
肉を減らす場合は、豆腐や魚介類でたんぱく質を補充するようにしましょう。
ダイエット後にリバウンドをしては意味がありませんので、健康的な食事や、生活習慣の構築で、体重を少しずつ減らすようにしましょう。
ラブコン カラコン通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です